• 交通アクセス
  • お問い合わせ

電話番号:022-231-3655

文字サイズ
中
大

用語集

検査項目内の用語を解説致します。

クレアチニン

クレアチニンとは体内で使用された蛋白質の老廃物の一種のこと。クレアチニン血液検査は主に腎臓疾患によってクレアチニンの排泄が正常に行われているかどうかをチェックする検査です。検査の結果、血中クレアチニン濃度が高いと判断され... もっと見る

血小板数

血小板は、主に出血した時に血管の傷を塞いで血液を固めることで出血を止める働きをします。血小板数を調べるこの検査は、出血しやすさと止血機能を見るために行われます。基準値には大きな幅があり個人差が大きいですが、大きな変動があ... もっと見る

白血球数

白血球とは、ヒトの免疫機能に大きく関与する血液成分のひとつで、主に人体に侵入してくる細菌などのウィルスを退治する働きを持つ免疫細胞のひとつです。体内にウィルスが侵入してくると白血球を増殖し、逆に免疫機能が何らかの原因で低... もっと見る

赤血球数 ヘモグロビン ヘマトクリット

赤血球数とは血液中の赤血球の数、ヘモグロビンは血液中のヘモグロビンの量を測る、ヘマトクリットは全血液中の赤血球の容積率を測る検査です。赤血球は血液の主要な構成成分で、酸素を肺から各組織へ運ぶ働きを持っています。赤血球数・... もっと見る

尿酸

主に痛風の診断をするための検査です。血液を採取して尿酸値を測定します。基準値を超える尿酸値が出ると異常とみなされます。尿酸は血液中には尿酸塩となって溶け込んでいますが、その濃度が一定以上に高くなると尿酸塩が結晶化し、足の... もっと見る

空腹時血糖

空腹時血糖の検査は、採血で血液中に含まれるブドウ糖の量を調べます。検査結果により糖尿病、甲状腺機能亢進症などを疑うことができます。糖尿病の目安になる空腹時血糖値の高さですが、低い場合は副腎機能低下症、肝硬変、膵臓腫瘍など... もっと見る

γ-GTP

γ(ガンマ)-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、GOT・GPTと同様にタンパク質を分解する酵素のひとつです。この酵素は、毒性のあるアルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したり、結石やがんなどによって胆管が... もっと見る

AST (GOT) ALT (GPT)

血液を採取して調べる検査で、検診や人間ドックなどで最も一般的に行われる肝臓病の有無を調べる検査です。GOT、GPTはともに様々な臓器細胞の中にあり、人体の重要な構成要素であるアミノ酸をつくる働きをしており、臓器や組織が破... もっと見る

中性脂肪

脂肪酸のグリセリンエステルのことをいいます。脂肪酸とグリセリンが結びついて中性を示すので「中性脂肪」と言われています。中性脂肪は遺伝によって高くなることもありますが、一番の原因は食事にあります。中性脂肪が余分になり、血液... もっと見る

LDLコレステロール

LDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、血清中にある脂質成分のことをリポタンパクといいます。そのなかで、特に組織へコレステロールを運ぶ働きをしている物質がLDL(低比重リポタンパク)です。LDLコレス... もっと見る

クレアチニン

2013年08月02日 4:07

クレアチニンとは体内で使用された蛋白質の老廃物の一種のこと。クレアチニン血液検査は主に腎臓疾患によってクレアチニンの排泄が正常に行われているかどうかをチェックする検査です。検査の結果、血中クレアチニン濃度が高いと判断され... もっと見る

血小板数

2013年08月02日 4:01

血小板は、主に出血した時に血管の傷を塞いで血液を固めることで出血を止める働きをします。血小板数を調べるこの検査は、出血しやすさと止血機能を見るために行われます。基準値には大きな幅があり個人差が大きいですが、大きな変動があ... もっと見る

白血球数

2013年08月02日 4:01

白血球とは、ヒトの免疫機能に大きく関与する血液成分のひとつで、主に人体に侵入してくる細菌などのウィルスを退治する働きを持つ免疫細胞のひとつです。体内にウィルスが侵入してくると白血球を増殖し、逆に免疫機能が何らかの原因で低... もっと見る

赤血球数 ヘモグロビン ヘマトクリット

2013年08月02日 4:01

赤血球数とは血液中の赤血球の数、ヘモグロビンは血液中のヘモグロビンの量を測る、ヘマトクリットは全血液中の赤血球の容積率を測る検査です。赤血球は血液の主要な構成成分で、酸素を肺から各組織へ運ぶ働きを持っています。赤血球数・... もっと見る

尿酸

2013年08月02日 4:00

主に痛風の診断をするための検査です。血液を採取して尿酸値を測定します。基準値を超える尿酸値が出ると異常とみなされます。尿酸は血液中には尿酸塩となって溶け込んでいますが、その濃度が一定以上に高くなると尿酸塩が結晶化し、足の... もっと見る

空腹時血糖

2013年08月02日 3:58

空腹時血糖の検査は、採血で血液中に含まれるブドウ糖の量を調べます。検査結果により糖尿病、甲状腺機能亢進症などを疑うことができます。糖尿病の目安になる空腹時血糖値の高さですが、低い場合は副腎機能低下症、肝硬変、膵臓腫瘍など... もっと見る

γ-GTP

2013年08月02日 11:46

γ(ガンマ)-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、GOT・GPTと同様にタンパク質を分解する酵素のひとつです。この酵素は、毒性のあるアルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したり、結石やがんなどによって胆管が... もっと見る

AST (GOT) ALT (GPT)

2013年08月02日 11:45

血液を採取して調べる検査で、検診や人間ドックなどで最も一般的に行われる肝臓病の有無を調べる検査です。GOT、GPTはともに様々な臓器細胞の中にあり、人体の重要な構成要素であるアミノ酸をつくる働きをしており、臓器や組織が破... もっと見る

中性脂肪

2013年08月02日 11:35

脂肪酸のグリセリンエステルのことをいいます。脂肪酸とグリセリンが結びついて中性を示すので「中性脂肪」と言われています。中性脂肪は遺伝によって高くなることもありますが、一番の原因は食事にあります。中性脂肪が余分になり、血液... もっと見る

LDLコレステロール

2013年08月02日 11:35

LDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、血清中にある脂質成分のことをリポタンパクといいます。そのなかで、特に組織へコレステロールを運ぶ働きをしている物質がLDL(低比重リポタンパク)です。LDLコレス... もっと見る