• 交通アクセス
  • お問い合わせ

電話番号:022-231-3655

文字サイズ
中
大

用語集

検査項目内の用語を解説致します。

アルブミン

総蛋白とは栄養を維持するアルブミンと免疫防御に働くグロブリンを合わせた物質のことで、血液検査により数値を確認する事ができます。総蛋白の検診結果で高い数値の場合、悪性腫瘍、多発性骨髄腫、肝硬変、慢性肝炎、脱水症、高蛋白血症... もっと見る

総蛋白

総蛋白とは栄養を維持するアルブミンと免疫防御に働くグロブリンを合わせた物質のことで、血液検査により数値を確認する事ができます。総蛋白の検診結果で高い数値の場合、悪性腫瘍、多発性骨髄腫、肝硬変、慢性肝炎、脱水症、高蛋白血症... もっと見る

総ビリルビン

ビリルビンとは血液に含まれている黄色い色素です。肝臓障害などで黄疸の症状が出た時に身体が黄色くなるのは、このビリルビンが増加しているのが原因です。血液中のビリルビンの量を検査する事で、黄疸が出る前に障害を知る事ができ、障... もっと見る

ALP(アルカリホスファターゼ)

ALPは、アルカリ性の状況下でリン酸化合物を分解する酵素です。肝臓や骨、小腸、胎盤などに多く含まれ、これらの臓器がダメージを受けると血液中に流れ出してきます。血液を採取して調べる検査で、多くの場合、肝臓と骨の異常により血... もっと見る

γ-GTP

γ(ガンマ)-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、GOT・GPTと同様にタンパク質を分解する酵素のひとつです。この酵素は、毒性のあるアルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したり、結石やがんなどによって胆管が... もっと見る

LDH

LDHとは乳酸脱水素酵素のことで、体内で糖分がエネルギーに転換されるときに使われる酵素の一種です。殆どの細胞に含まれていますが、肝臓や腎臓、心筋、骨格筋、赤血球などに特に多く含まれています。従ってこれらの臓器に異常が出て... もっと見る

AST (GOT) ALT (GPT)

血液を採取して調べる検査で、検診や人間ドックなどで最も一般的に行われる肝臓病の有無を調べる検査です。GOT、GPTはともに様々な臓器細胞の中にあり、人体の重要な構成要素であるアミノ酸をつくる働きをしており、臓器や組織が破... もっと見る

ZTT

ZTTとはクンケル混濁試験のことで、膠質反応(コロイド反応)試験の一種です。膠質反応試験とは、血清中の蛋白に異常が起きたときに試薬を加えると蛋白が混濁し、その状態を測定する試験です。血清アルブミンの減少とy-グロブリンの... もっと見る

アルブミン

2013年08月02日 11:47

総蛋白とは栄養を維持するアルブミンと免疫防御に働くグロブリンを合わせた物質のことで、血液検査により数値を確認する事ができます。総蛋白の検診結果で高い数値の場合、悪性腫瘍、多発性骨髄腫、肝硬変、慢性肝炎、脱水症、高蛋白血症... もっと見る

総蛋白

2013年08月02日 11:47

総蛋白とは栄養を維持するアルブミンと免疫防御に働くグロブリンを合わせた物質のことで、血液検査により数値を確認する事ができます。総蛋白の検診結果で高い数値の場合、悪性腫瘍、多発性骨髄腫、肝硬変、慢性肝炎、脱水症、高蛋白血症... もっと見る

総ビリルビン

2013年08月02日 11:46

ビリルビンとは血液に含まれている黄色い色素です。肝臓障害などで黄疸の症状が出た時に身体が黄色くなるのは、このビリルビンが増加しているのが原因です。血液中のビリルビンの量を検査する事で、黄疸が出る前に障害を知る事ができ、障... もっと見る

ALP(アルカリホスファターゼ)

2013年08月02日 11:46

ALPは、アルカリ性の状況下でリン酸化合物を分解する酵素です。肝臓や骨、小腸、胎盤などに多く含まれ、これらの臓器がダメージを受けると血液中に流れ出してきます。血液を採取して調べる検査で、多くの場合、肝臓と骨の異常により血... もっと見る

γ-GTP

2013年08月02日 11:46

γ(ガンマ)-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、GOT・GPTと同様にタンパク質を分解する酵素のひとつです。この酵素は、毒性のあるアルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したり、結石やがんなどによって胆管が... もっと見る

LDH

2013年08月02日 11:45

LDHとは乳酸脱水素酵素のことで、体内で糖分がエネルギーに転換されるときに使われる酵素の一種です。殆どの細胞に含まれていますが、肝臓や腎臓、心筋、骨格筋、赤血球などに特に多く含まれています。従ってこれらの臓器に異常が出て... もっと見る

AST (GOT) ALT (GPT)

2013年08月02日 11:45

血液を採取して調べる検査で、検診や人間ドックなどで最も一般的に行われる肝臓病の有無を調べる検査です。GOT、GPTはともに様々な臓器細胞の中にあり、人体の重要な構成要素であるアミノ酸をつくる働きをしており、臓器や組織が破... もっと見る

ZTT

2013年08月02日 11:45

ZTTとはクンケル混濁試験のことで、膠質反応(コロイド反応)試験の一種です。膠質反応試験とは、血清中の蛋白に異常が起きたときに試薬を加えると蛋白が混濁し、その状態を測定する試験です。血清アルブミンの減少とy-グロブリンの... もっと見る