前立腺がん検査

健診のご案内

ホーム > 個人様へのご案内 > 前立腺がん検査

前立腺がん検査

男性のためのがん検査を行います

前立腺がんは男性の臓器である前立腺に発生するがんで、日本でもがんによる死亡原因の上位にランク入りしつつあります。PSA検査は前立腺がんを早期発見するための最も有用な検査です。PSAが高くなる疾患には前立腺の癌、肥大症、炎症などがあるわけですが、PSAの高さの程度によって癌の確率がほぼ決まっており、4ng/mL前後の基準値の場合でも約30%に方に癌が発見されます。健診プラザではPSA検査の結果やカウンセリングの内容から、専門医が患者さん一人ひとりに合わせた的確なアドバイスをします。前立腺癌の疑いのある方に対して健診プラザでMRIの画像検査を行い、より正確な診断を行うことが可能です。PSA値が高いため専門医療機関に紹介する施設は数多くありますが、画像検査やカウンセリングを行うのは仙台市内では健診プラザのみです。 また健診プラザは大学病院を含めた仙台市内の専門医療と連携していますので、さらなる精密検査が必要になった時のサポート体制も心配いりません。 PSA値が高いといわれて漠然と不安を抱えている人に対して前立腺がんの不安から解消されるために専門医が全力でサポートします。

電話でのお申込・お問い合わせ(受付時間:8:00~16:00)

022-231-3655

前立腺がんについて

前立腺がんは、現在、日本で増え続けている男性特有の病気です。
早期の前立腺がんには、がん特有の症状がなく、男性医療、メンズヘルスにおいて現在特に注目されています。
従来は70歳代の方を中心にかかる高齢者のがんとされていましたが、最近は働きざかりの40代・50代の男性に見つかるケースが増えています。

PSA値を定期的にチェックして、癌の早期発見を。
一次検査のPSA検査は簡単な血液検査です。健康診断のオプションで受診可能です。
一次検査で要再検査となった方は、二次検査として泌尿器科専門医が超音波検査やMRIなど、より精密に検査を実施したします。

みやぎ健診プラザで実施可能な検査

前立腺がん一次検査 PSA値測定
二次検査 超音波検査・直腸診・MRI

専門機関が実施する検査(二次検査陽性の方のみ)

前立腺生体検査 わかること
異常なし、または前立腺肥大
前立腺がん
s

専門医のご紹介

並木俊一医師

(みやぎ健診プラザ 泌尿器科部長)

  • img_dr
  • 経歴

    H16 東北大学医学部大学院卒業
    前JCHO仙台病院 泌尿器科部長

    学位・資格・免許

    日本泌尿器科学会 専門医・指導医
    日本泌尿器科学会 腹腔鏡技術認定医
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    日本性機能学会 専門医

お申し込みから健診までの流れ

みやぎ健診プラザは完全予約制です。
お待たせすることなくスムーズな健診を実施しています。

  • お申込み
  • お電話または予約フォームにて受け付けております。
    希望する健診コース、人間ドックなどの検査内容と希望日をお伝えください。 受診日を決定します。
  • 案内状・問診表の送付
  • 問診票をお送りいたします。受診日までにご記入をお願いいたします。
    問診票は今までかかったご病気、現在の健康状態などを記入いただき、当日お持ちください。
  • 健診当日
  • ご予約時間までに、当プラザ総合受付へお越しください。
    ご予約時間から健診を開始します。

    持参していただきたいもの

    • 健康診断受診表、問診票(受診コースにより内容が異なります)
    • 受診券(お持ちの方のみ)
    • 排便容器。喀痰採取容器(送付された方のみ)
  • 結果
  • 健診結果は約2週間を目安にご指定先へお送りいたします。
    健診結果のご不明な点等は、お問い合わせいただければ当施設スタッフがご説明いたします。
    健診結果に要精査、要治療の記載があった場合は、精密検査をおすすめします。 健診結果をお持ちになってなるべく早い時期にお近くのかかりつけ医もしくは医療機関へ受診してください。

電話でのお申込・お問い合わせ(受付時間:8:00~16:00)

022-231-3655