• 交通アクセス
  • お問い合わせ

電話番号:022-231-3655

文字サイズ
中
大

乳がん・子宮がん検査

女性の為の検査を行います。

子宮がんや乳がんをはじめとする婦人科疾患を早期発見し、発症・進行を予防するための検査を行います。
乳がん・子宮がんは女性なら誰でもかかる可能性があり、初期症状がほとんどないのが特徴です。
だからこそ、定期的な健診がとても大切です。

tit_w

乳がん、子宮がん、子宮頸がん、子宮筋腫、卵巣のう腫、その他 女性のがんの中でも一番多いといわれているのが乳がんです。 「がんの統計’09~累積がん罹患・死亡リスク」財団法人がん研究振興財団


年代別おすすめ検査

女性技師が担当します。


乳房検診

女性のがんで一番多いといわれているのが乳がんです。
乳がんが気になる女性におすすめの検査です。

触診

乳がんの診断で最も基本的な検査です。
乳房全体、わきの下などを手で触れ検査します。
皮膚の状態、乳房の左右差、乳頭からの分泌物やしこりの有無、乳腺の状態を調べます。
通常は、マンモグラフィとセットでの検査をおすすめしております。


マンモグラフィ検査

乳がんが気になる女性におすすめの検査

デジタルマンモグラフィシステ

乳房を圧迫しながら薄く均等に広げた状態でX線撮影をします。
触診では分かりにくい早期の乳がんを発見することができ、早期治療につながります。
乳房を圧迫されることで痛みを感じることがありますが、痛みの程度には個人差があります。
みやぎ健診プラザではデジタルマンモグラフィシステムを導入しており、乳房組織の微妙な濃度差を画像化できるため、早期の乳がん・乳腺疾患の発見に役立ちます。
女性技師が撮影を担当します。
検査の種類
2方向撮影
1方向撮影

子宮頸がん検診(内診・細胞診)

頸部腺がん、上皮内がん、扁平上皮がん

子宮頸がんは若年化が進んでいます。
若い方でも年一回の検査をおすすめします。

細胞診

安全な器具を使用し、子宮頚部から細胞を採取することで頚部のがんを調べます。

内診

子宮の大きさや形を調べる検査です。
子宮筋腫、子宮脱、頚部のポリープなどが分かります。


経腟超音波検査

子宮頸がん検査とセットでの検査をおすすめしています。
腟内にプローブ(経腟超音波端子)を挿入し、子宮・卵巣全体の状態を苦痛なく調べることができます。
子宮筋腫、内膜症、卵巣のう腫などが分かります。

みやぎ健診プラザでは、最新の設備を整えております。

マンモグラフィ検査


乳房撮影装置


マンモグラフィ

最新の乳房撮影装置による検査で触知不可能な乳がんなどを検出します。
※女性技師が撮影を担当します。

経膣超音波検査


超音波画像診断装置


経腟超音波検査

子宮頸がん検査とセットでの検査をおすすめしています。
痛みのないプロープ(経腟超音波端子)を膣内に挿入し、子宮・卵巣全体の状態を調べます。

検査の流れ

乳がん・子宮がん検査の流れ

注意事項

乳がん検診を受ける方は注意事項をご確認の上お越しください。
下記の方は検査を受けることができない場合がありますので、専門の医療機関を受診して
ください。

①乳がんで現在治療中の方
②乳房について定期的に医療機関で治療または経過観察を受けている方
③乳房にしこりや痛み等の自覚症状のある方
 *①~③の方はかかりつけの医療機関または乳腺専門の医療機関を受診してください。

④妊娠中および妊娠の疑いのある方
⑤授乳中(断乳後6ヵ月未満)の方
 *④~⑤の方は乳房超音波検査のみ検査可能ですが、正確な診断をするために専門機関での
  検査をお勧めします。

⑥豊胸術(シリコン挿入、ヒアルロン酸注入、生食バック等)されている方
 *挿入物が破損してしまう可能性があるためマンモグラフィを受けることはできません。
  乳房超音波検査をお勧めします。

⑦胸部の手術をされた方
(ペースメーカー・シャントチューブ・CVポート等医療機器が挿入されている方)
 *挿入されているものが壊れてしまう可能性があるためマンモグラフィを受けることは
  できません。乳房超音波検査をお勧めします。

ご不明な点がございましたら当施設までお問合せください。


乳がん・子宮がんについてよくある質問

何か検査に持っていくものはありますか?

健康保険証をお持ちください。
健康診断には、健康保険組合の補助を利用したものがあります。
補助申請に必要な場合がありますので、ご持参お願いいたします。

生理中なのですが検査は受ける事はできますか?

生理中は採尿、採便の結果に影響がありますので検査日の変更をおすすめします。

アレルギー体質なので、受診の時に気をつける事はありますか?

ご心配な方は事前にご相談ください。
受診内容を確認した上で安全に受診できるように致します。

検査の結果が分かるまで、どれくらいの期間がかかりますか?

一部の血液検査や尿検査等は、当日の診察でご説明できます。
画像系の検査は、総合結果報告書でご報告いたします。
総合結果報告書は2~3週間後に郵送などでご連絡いたします。

前回と同じ施設で受診した方がいいですか?

前回と比較することで不要な再検査や精密検査を受けなくてすむことが少なくありません。
同一施設で受診することが望ましいです。

婦人科健診は何歳から受診した方がいいですか?

性行為を経験したら検査をするようにしましょう。
若い方の婦人科に対する敷居は高いように思われがちですが、若いうちから婦人科のかかり付け医を持つなどして、婦人科を受診する習慣をつける事も大切です。

豊胸術を受けていてもマンモグラフィーは受けられますか?

マンモグラフィーは乳房を圧迫するため破損の危険がありますので、みやぎ健診プラザでは受診できません。乳腺専門医療機関にお問い合わせください。


もっと見る


お申し込みから検査結果まではこちら