• 交通アクセス
  • お問い合わせ

電話番号:022-231-3655

文字サイズ
中
大

市民・特定健診

仙台市で、市民健診を実施

病気の芽を早期に発見〜生活習慣病は、自覚症状がないうちに進行し、気付いたときには手遅れとなる場合もあります。
市民健診は毎年定期的に行われるので、欠かさず受診していれば、数値の変化を把握でき、身体の異常にも気付く事ができます。

家計にやさしい〜市民健診の受診料は、無料〜3,580円。
いったん生活習慣病にかかると、医療保険があっても毎月の医療費はとても高額になります。

受診後もしっかり支援(特定健診)〜特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高い方に対して、健康状態や生活習慣の改善を支援する特定保健指導を行っています。
あなたに合った支援を行っていきます。

引越し・転職しても継続管理できます(特定健診)〜特定健診や特定保健指導の結果は、医療保険者が保管するので、転居や転職などで加入する医療保険が変わっても、これまでのデータを新しい医療保険者に提出できます。

市政だより

仙台市

4月1日の市政だよりと同時に配布している「市民健診申し込み案内」に付いている専用のはがきでお早めにお申し込みください。

40歳〜74歳の方は特定健診

特定健診とは、2008年4月より始まった40歳〜74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした保健制度です。
正式には「特定健康診査・特定保健指導」という。
一般には「メタボ健診」といわれています。
受診方法・健診内容などは、ご加入の医療保険者にお問い合わせください。
仙台市国民健康保険加入者に対する特定健康診査⇒仙台市国民健康保険が実施する「特定健診」を受けてください。
申し込みは必要ありません。

6月下旬に仙台市が特定健診の受診券を送付します。

※仙台市国民健康保険以外の健康保険に加入している方(被扶養者も含まれます)は
 加入している医療保険者(健保組合・共済組合等)が「特定健診」を実施します。
 受診方法・時期は加入している医療保険者にお問い合わせください。

平成30年度の市民健診実施概要


検診種別

対象となる方

申し込み方法

基礎健診

35~39歳の方

受診を希望する方は、申し込みが必要になりますので、お早めにお申し込みください。
申込者に受診券をお送りします。

75歳以上の方

65歳~74歳で障害のため後期高齢者医療制度加入の方

35歳以上の生活保護受給の方
35歳以上の中国残留邦人等に対する支援給付受給の方

仙台市から送られた生保等専用申し込みはがきで、お申し込みください。

子宮がん検診

20歳以上の女性

受診を希望する方は申し込みが必要になりますので、お早めにお申し込みください。
申込者に受診券をお送りします。

前立腺がん検診

50歳・55歳・60歳・65歳の男性

              ※年齢は平成31年3月31日現在の年齢です。

「市民健診を受けましょう!」仙台市ホームページ http://www.city.sendai.jp/fukushi/kenko/kenshin/0564.html

検査の流れ

市民健診・特定健診

市民・特定健診についてよくある質問

アレルギー体質なので、受診の時に気をつける事はありますか?

ご心配な方は事前にご相談ください。
受診内容を確認した上で安全に受診できるように致します。

検査の結果が分かるまで、どれくらいの期間がかかりますか?

一部の血液検査や尿検査等は、当日の診察でご説明できます。
画像系の検査は、総合結果報告書でご報告いたします。
総合結果報告書は2~3週間後に郵送などでご連絡いたします。


もっと見る

お申し込みから検査結果まではこちら